コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三教指帰 さんごうしいき

6件 の用語解説(三教指帰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

三教指帰
さんごうしいき

平安時代前期の仏教書。「さんごうしき」ともいう。3巻。空海著。延暦 16 (797) 年成る。『聾瞽 (ろうこ) 指帰』を改訂したもの。儒,道,仏の三教のうち仏教が最もすぐれていることを説いた漢文体の戯曲的,討論的,寓話的手法の作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さんごうしいき〔サンガウシイキ〕【三教指帰】

平安初期の仏教書。3巻。空海著。延暦16年(797)成立。儒道仏の三教を比較して優劣をつけ、空海が仏教を選んだ根拠を、四六駢儷体(しろくべんれいたい)の漢文で明示したもの。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

三教指帰【さんごうしいき】

平安初期の宗教書。3巻。797年空海24歳(18歳説などもある)の時の出家宣言書。儒教道教仏教を代表する3人の人物を登場させ,これらを訪れる放蕩(ほうとう)児蛭牙(しつが)公子が最後に仏教の仮名乞児(かめいこつじ)の下で,他の儒教の亀毛(きもう)先生や道教の虚亡隠士(きょぶいんし)とともに説破され,仏道に入るという筋書。
→関連項目巡り物語

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さんごうしいき【三教指帰】

弘法大師空海の出家宣言の書。797年(延暦16)成立,ときに空海24歳。一説には18歳作,24歳再治ともいう。草稿本の《聾瞽(ろうこ)指帰》とは序文と末尾の十韻の詩を異にする。内容は序と上,中,下に分かれる。序は製作の意図,上巻は亀毛(きもう)先生論で,儒教の学者亀毛先生,実際には空海の叔父阿刀大足(あとのおおたり)をさすが,主人兎角公(とかくこう)の要請で,外甥の不良青年蛭牙(しつが)公子に忠孝の道を教誨し,中巻の虚亡隠士(きよぶいんし)論では,道教の仙術と理想をとく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

さんごうしいき【三教指帰】

仏教書。三巻。空海作。797年成立。儒教・道教・仏教の三教のうちの仏教の優位を、三人の仮想人物の対話の体裁で論じたもの。別本として「聾瞽ろうこ指帰」がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三教指帰
さんごうしいき

平安初期の仏教書。3巻。空海24歳のときの著作。延暦(えんりゃく)16年(797)12月1日の手記がある。序文では自伝を述べ、出家を宣言する。上巻では亀毛(きもう)先生が儒教の立身出世の道を説き、中巻では虚亡隠士(きょぶいんし)が道教の不老不死の神仙(しんせん)術を述べる。下巻は空海の自画像と思われる仮名乞児(かめいこつじ)が登場して、無常の賦(ふ)、受報の詞(ことば)、生死海(しょうじかい)の賦などを唱え、すべてのものに対する仏の慈悲の教えこそもっとも優れたものであるとする。他の2人の人物は仮名乞児の説く仏教に服し、終わりに3人が十韻の詩を合唱して幕が下りるという構成。詩の趣旨は、人々の性向、素質、能力に応じて、それぞれに儒教、道教、仏教などさまざまな教えがあるが、そのなかですべての者を救済する大乗仏教が優れている、と説く。本書は中国六朝(りくちょう)から唐代にかけて行われた四六駢儷体(しろくべんれいたい)で書かれた思想劇であり、わが国漢文学史上の白眉(はくび)とされる。なお、別本に空海の真筆『聾瞽指帰(ろうこしいき)』3巻(国宝)があり、『三教指帰』の草本といわれる。[宮坂宥勝]
『渡辺照宏・宮坂宥勝校注『三教指帰・性霊集』(『日本古典文学大系71』1965・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の三教指帰の言及

【高野版】より

…開版者としてとくに知られる秋田城介(あきたのじようのすけ)(安達泰盛,1231‐85)は,鎌倉執権北条氏の姻戚として勢力をもち,祖父景盛以来の縁故で高野山にはいり,その金剛三昧院(こんごうさんまいいん)は10万余石の扶持を封禄し,武家の愛護のもとに偉大な勢力をもって,開版事業にも力をつくした。現存するものでは1253年(建長5)刊《三教指帰(さんごうしいき)》が最も古い。 高野版については,1260年(文応1)から1323年(元亨3)までのあいだに刊行された4種の開版目録が現存する。…

※「三教指帰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

三教指帰の関連キーワード弘法大師弘法清水大師流御大師四大師初大師弘法大師絵伝大師信仰《弘法大師行化記》《弘法大師行状記》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

三教指帰の関連情報