コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛檐垂木(読み)ヒエンダルキ

大辞林 第三版の解説

ひえんだるき【飛檐垂木】

社寺建築で、軒が二軒ふたのきで構成されている場合、地垂木の先端に乗る垂木。 → 小屋組

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の飛檐垂木の言及

【社寺建築構造】より

…垂木は一重のもの(一軒(ひとのき))と二重のもの(二軒(ふたのき))があり,まれに三重のものがある。二軒の下の垂木は地垂木といい,上の垂木を飛檐(ひえん)垂木という。地垂木の先端には横に木負(きおい)が置かれ,これを欠き込んで飛檐垂木が置かれ,その先端に茅負(かやおい)がのる。…

※「飛檐垂木」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報