コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛蜥蜴 トビトカゲ

デジタル大辞泉の解説

とび‐とかげ【飛蜥蜴】

有鱗(ゆうりん)目アガマ科トビトカゲ属のトカゲの総称。全長約30センチ。胴の両側に肋骨(ろっこつ)に支えられた翼があり、これを広げて滑空する。東南アジアに分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とびとかげ【飛蜥蜴】

有鱗目トビトカゲ属の爬虫類の総称。普通、全長20センチメートル 前後。五、六本の肋骨が伸び、そこに発達した皮膚の膜を翼のように広げて滑空する。膜は橙色・黄緑色・黒色などのまだらで美しい。樹上にすみ、小昆虫を食う。東南アジア・インドに分布。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

飛蜥蜴の関連キーワード黄緑色爬虫類橙色樹上

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android