飛驒変成帯(読み)ひだへんせいたい

世界大百科事典 第2版の解説

ひだへんせいたい【飛驒変成帯】

地質構造上,西南日本内帯の最も内側(アジア大陸側)に位置する構造単元で,飛驒高地周辺,能登半島および隠岐島に分布する。石英長石質片麻岩,アルミナに富む片麻岩,角セン岩,石灰質片麻岩など,多様な変成岩類と,これらを貫く花コウ岩類(一括して船津花コウ岩類と呼ばれる)からなる。変成岩類は,大部分高温・低圧型であるが,一部に中圧型もある。原岩の時代は未確定であるが,放射年代は,先カンブリア時代後期から中生代前期にいたる何回かの重複変成作用を示唆している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android