コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛驒変成帯 ひだへんせいたい

1件 の用語解説(飛驒変成帯の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ひだへんせいたい【飛驒変成帯】

地質構造上,西南日本内帯の最も内側(アジア大陸側)に位置する構造単元で,飛驒高地周辺,能登半島および隠岐島に分布する。石英長石質片麻岩,アルミナに富む片麻岩,角セン岩,石灰質片麻岩など,多様な変成岩類と,これらを貫く花コウ岩類(一括して船津花コウ岩類呼ばれる)からなる。変成岩類は,大部分高温・低圧型であるが,一部に中圧型もある。原岩の時代は未確定であるが,放射年代は,先カンブリア時代後期から中生代前期にいたる何回かの重複変成作用を示唆している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone