コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

能登半島 のとはんとう

7件 の用語解説(能登半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

能登半島
のとはんとう

本州中央部から日本海に突出する半島。大部分は石川県,一部は富山県に属する。南西-北東に長く約 100km。大部分は標高 100~300mの新第三紀層の丘陵性の山地で,基部に宝達丘陵,北東部に奥能登丘陵がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のと‐はんとう〔‐ハンタウ〕【能登半島】

本州中央部の日本海に突出する半島。大部分は石川県。東の富山湾側を内浦、西側の日本海岸を外浦とよぶ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

能登半島【のとはんとう】

石川県北部に突出する日本海岸最大の半島。基部は邑知(おうち)潟地溝帯を隔てて宝達(ほうだつ)丘陵に対する。日本海岸を外浦,富山湾岸を内浦と呼ぶ。一般に第三系の低山性の丘陵からなり,平地に乏しく農業は零細。
→関連項目石川[県]内浦[町]邑知潟鹿島[町]志賀[町]珠洲[市]富来[町]七尾[市]能都[町]能登島[町]能登国羽咋[市]氷見[市]門前[町]輪島[市]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

のとはんとう【能登半島】

本州中央部に位置する日本海側最大の半島。石川県の北半部を占め,一般に能登地方と呼ばれる。石川・富山県境をなす宝達(ほうだつ)丘陵を基部として北に突出し,南北約100km,東西約50kmに及び,半島基部から富来(とぎ),中島,能登島の3町を結ぶ線までの口能登と,その北の奥能登に区分される。また,半島の北岸および西岸の日本海側を外浦,東岸の富山湾側を内浦と呼ぶ。 半島は全体に低平な準平原的地形で,新第三紀層が骨格をつくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

のとはんとう【能登半島】

石川県北部、日本海に突出する半島。東側の富山湾側を内浦、西側の日本海側を外浦という。沖を流れる対馬暖流の影響で暖地性の植物もみられる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔石川県〕能登半島(のとはんとう)


石川県北部を占める日本海側最大の半島。日本海に「く」の字形に突出する。南北約100km、東西30~60km。基部東側は富山県氷見(ひみ)市に属する。富山県部分を除き古代の能登に属し、基部西岸付近を口(くち)能登、半島先端部を奥(おく)能登とよぶ。北部は奥能登丘陵、基部は宝達(ほうだつ)丘陵が占める。最高峰は宝達山の標高637m。海岸線は日本海側の外浦(そとうら)と富山湾側の内浦(うちうら)に分かれ、内浦に七尾(ななお)湾を抱く。荒々しい外浦、おだやかな内浦の対照的な海岸景観は能登半島国定公園の観光地。外浦の中心の輪島市は朝市で知られ、高級漆器の輪島塗を特産する。能登金剛(こんごう)・曽々木(そそぎ)海岸・七尾湾のほか北陸屈指の大温泉の和倉(わくら)温泉がある。農林水産業が中心で、ブリ・イカなどの沿岸漁業が盛ん。西岸の志賀(しか)町に北陸電力志賀原子力発電所がある。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

能登半島
のとはんとう

本州中央部にあり、日本海側では最大の半島。南北約100キロメートル、東西30~50キロメートル。大部分は石川県に、基部東側は富山県氷見(ひみ)市に属す。東側に富山湾を抱き、この沿岸を内浦(うちうら)、北側、西側の日本海岸を外浦(そとうら)と称する。また半島先端部を奥能登、基部を口(くち)能登、七尾(ななお)・氷見両市の富山湾岸を灘浦(なだうら)という。内浦に能登島があり、七尾湾を南湾、西湾、北湾に分ける。一般に低平な丘陵性地形をなし、最高峰は口能登の宝達山(ほうだつさん)(637メートル)で、石川・富山県境を宝達丘陵がほぼ南北に走り、さらに奥能登丘陵が北東―南西方向に広がる。口能登には邑知潟(おうちがた)地溝帯が奥能登丘陵と並行に走り、半島最大の平野をなす。邑知潟などの潟湖(せきこ)は干拓により大部分が水田となった。河川は短く、樹枝状に丘陵を刻み、小平地をつくっている。奥能登外浦や宝達丘陵では地すべり地形が多く、その防止に苦心している。海岸段丘が数段にわたり発達し、とくに内浦で顕著である。ここには珪藻土(けいそうど)の堆積(たいせき)が著しく耐火れんがなどに加工している。内浦はリアス式海岸が多く、九十九(つくも)湾を典型とする景観を示す。外浦は曽々木(そそぎ)、能登金剛(こんごう)に代表されるように断崖(だんがい)や奇岩・怪石の多い景観を展開する。新第三紀層が広く発達するが、基盤に飛騨片麻(ひだへんま)岩類や古生代末の深成岩類がある。外浦には中新世の安山岩溶岩、火砕岩類がある。対馬(つしま)暖流の影響で積雪は少ない。タブ、シイ、ツバキなど南方系の照葉樹が分布し、他方、北方系のアテ(アスナロ)の樹林などもみられる。溜池(ためいけ)が多いのも特色で、梅雨期の豪雨で水害を被ることがある。農林畜産、水産業を主体とし、沿岸は好漁場でブリ、イカなどの水揚げが多い。氷見、七尾、輪島、宇出津(うしつ)港などが漁業基地。能登島(七尾市)には独立行政法人水産総合研究センター日本海区水産研究所の能登島庁舎が、志賀(しか)町、白山(はくさん)市には石川県水産総合センター生産部があり増殖に努めている。口能登で繊維工業の発達をみたが、弱電工業とともに半島一円に普及し、志賀町には能登中核工業団地が造成された。海岸地帯を中心に能登半島国定公園に指定され、和倉(わくら)温泉はその観光基地。大陸、山陰との交流を示す遺跡も多く、近世は海上交通の基地で栄えた。JR七尾・氷見線、のと鉄道、海岸部をほぼ一周する国道249号などのほか、中心部に能登有料道路が通じる。また、半島北部、石川県輪島市、穴水町、能登町にまたがる木原(きはら)岳周辺に能登空港がある。[矢ヶ崎孝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の能登半島の言及

【石川[県]】より

…面積=4184.83km2(全国35位)人口(1995)=118万0068人(全国36位)人口密度(1995)=282人/km2(全国23位)市町村(1997.4)=8市27町6村県庁所在地=金沢市(人口=45万3975人)郷土の花=クロユリ 県木=アテ 県鳥=イヌワシ本州中央部の日本海沿岸にあり,日本海に長く突出した能登半島と,その基部を占める。東西99.6kmに対し,南北はその2倍の198.8kmある。…

※「能登半島」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

能登半島の関連キーワード加賀檜山味を占めるサハラ地歩を占める石川[県]石川県河北郡内灘町石川県珠洲市石川県河北郡津幡町石川県羽咋市

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

能登半島の関連情報