コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飛鳥井流 アスカイリュウ

2件 の用語解説(飛鳥井流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あすかい‐りゅう〔あすかゐリウ〕【飛鳥井流】

室町中期に飛鳥井雅親が開いた書道の流派。栄雅流。
鎌倉前期に飛鳥井雅経が開いた蹴鞠(けまり)の流派。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の飛鳥井流の言及

【飛鳥井家】より

…家格は羽林(うりん)家。平安末難波家の祖忠教の子頼輔は蹴鞠一道の祖といわれたが,その孫にあたる飛鳥井家の祖参議雅経(まさつね)(1170‐1221)も蹴鞠に長じ,飛鳥井流の蹴鞠を興す。また雅経は藤原俊成に歌道を学び,《新古今集》の撰者の一人になるなど和歌にもすぐれ,飛鳥井家が蹴鞠,和歌両道の家として繁栄する礎を築いた。…

【蹴鞠】より

…また加茂の氏人(うじびと)たちの間には地下鞠(じげまり)がおこなわれた。難波流と御子左流は15世紀にはいって衰えたので,飛鳥井流が家職として蹴鞠道を独占して明治にいたった。蹴鞠(しゅうきく)【鈴木 敬三】。…

※「飛鳥井流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone