飛鳥井雅経(読み)あすかい まさつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飛鳥井雅経 あすかい-まさつね

1170-1221 鎌倉時代の公卿(くぎょう),歌人。
嘉応(かおう)2年生まれ。藤原頼経(よりつね)の次男。母は源顕雅の娘。飛鳥井家の祖。蹴鞠(けまり)にすぐれる。父は源義経にくみし流罪となるが,雅経は蹴鞠をこのむ将軍源頼家(よりいえ)に厚遇された。のち後鳥羽天皇の近習となり,従三位,参議。元久2年「新古今和歌集」の撰者のひとりとなる。承久(じょうきゅう)3年3月11日死去。52歳。家集に「明日香井(あすかい)集」,著作に「蹴鞠(しゅうきく)略記」など。
【格言など】み吉野の山の秋風さ夜更けて古里寒く衣打つなり(「小倉百人一首」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あすかいまさつね【飛鳥井雅経】

1170~1221) 鎌倉初期の歌人。九条頼経の子。飛鳥井家の祖。蹴鞠けまりの飛鳥井流の祖。和歌を藤原俊成に学び、新古今集の撰に加わる。家集「明日香井集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

飛鳥井雅経
あすかいまさつね

[生]嘉応2(1170)
[没]承久3(1221).3.11. 京都
鎌倉時代前期の公卿,歌人。難波頼経の子。藤原姓。飛鳥井家の祖。妻は大江広元の娘。『新古今和歌集撰者の一人。後鳥羽,土御門,順徳帝の3代に仕えるとともに,鎌倉幕府にも仕えた。参議,従三位にいたる。和歌を藤原俊成に学び,和歌所寄人。『千五百番歌合』に参加。『新古今集』には 22首入集。歌風は艶麗な新古今風で,家集『明日香井集』 (1292,孫の雅有編) がある。兄の宗長 (難波流の祖) とともに蹴鞠 (けまり) にも巧みで,飛鳥井流の祖。子孫も和歌と家の芸である蹴鞠の両芸をもって京,鎌倉に仕えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の飛鳥井雅経の言及

【飛鳥井家】より

…藤原氏北家の流れ。難波家の支流。家格は羽林(うりん)家。平安末難波家の祖忠教の子頼輔は蹴鞠一道の祖といわれたが,その孫にあたる飛鳥井家の祖参議雅経(まさつね)(1170‐1221)も蹴鞠に長じ,飛鳥井流の蹴鞠を興す。また雅経は藤原俊成に歌道を学び,《新古今集》の撰者の一人になるなど和歌にもすぐれ,飛鳥井家が蹴鞠,和歌両道の家として繁栄する礎を築いた。室町時代には権中納言雅世,権大納言雅親(1417‐90)父子が歌道の発展に尽くし,雅世は《新続古今集》の撰者となり,雅親も《飛鳥井家式法》《和歌道しるべ》《和歌入学抄》などを著した。…

【藤原雅経】より

…鎌倉前期の歌人。藤原北家師実流に属し,刑部卿頼経の次男。従三位参議に昇る。飛鳥井家の祖。祖父頼輔の血を継ぎ,蹴鞠(けまり)の名手で,飛鳥井流の一派を開き,鎌倉にも招かれて指導していた。のち俊成に学び,後鳥羽院歌壇の少壮歌人として急速に頭角を現し,和歌所寄人さらに新古今集撰者の一人となった。《正治二年院二度百首》《千五百番歌合》《元久詩歌合》など,当時頻繁に催された百首和歌や歌合に参加。〈近き人の歌の詞をぬすみとる事〉(《八雲御抄》)の歌人例に挙げられる面もあったが,本歌取技巧に長じ,優艶にあわれの添う詠風に特色をみせ,〈うつりゆく雲に嵐の声すなり散るかまさ木の葛城の山〉(《新古今集》)などが有名。…

※「飛鳥井雅経」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android