コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

食道発声法 しょくどうはっせいほうEsophageal Speech

2件 の用語解説(食道発声法の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

食道発声法

がんなどで喉頭の摘出手術を受け、声帯による発声ができなくなった人のための発声法の一つ。肺呼吸の空気とは別に食道内に空気を取り込み、その空気を逆流させながら、食道入り口部の粘膜を声帯の代わりに振動させることで音声を発する。人工の電気喉頭を用いたり、手術で気管と食道をつなぐ咽頭形成を行ったりして声を出す他の方法に比べ、習得に時間を要するが、特殊な器具や手術が不要であることから、喉頭摘出者の代用音声として日本では最も多く採用されている。

(2015-4-07)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょくどうはっせい‐ほう〔シヨクダウハツセイハフ〕【食道発声法】

癌(がん)などで喉頭(こうとう)を摘出した場合に、飲み込んだ空気の逆流により食道上部を振動させて行う発声法。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

食道発声法の関連情報