コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飢餓漣痕 きがれんこんstarved ripple mark

岩石学辞典の解説

飢餓漣痕

シルトや砂の中に見られる不連続的な層で形成された小さな砂質レンズで,溝(trough)の中に砂がない状態のリップルを示している.不完全なリップルマークで,レンズ状の層を形成している[Pettijohn & Potter : 1964].英語のstarveは飢える,餓死する,衰弱する,極端に貧しい,などの意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

飢餓漣痕の関連キーワード不完全漣痕シルト

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android