飯田 蛇笏(読み)イイダ ダコツ

20世紀日本人名事典「飯田 蛇笏」の解説

飯田 蛇笏
イイダ ダコツ

明治〜昭和期の俳人



生年
明治18(1885)年4月26日

没年
昭和37(1962)年10月3日

出生地
山梨県東八代郡五成村小黒坂(現・境川村)

本名
飯田 武治

別名
別号=山廬(サンロ)

学歴〔年〕
早稲田大学英文科〔明治42年〕中退

経歴
幼ない頃から父の主宰する句会に出席し、句作を始める。17歳で上京し、早大入学後は小説にも手をそめたが、早稲田吟社に参加し、明治40年からその中心人物となり、「国民新聞」「ホトトギス」などに投句新進俳人として認められる。大正4年「キララ」が創刊され、2号より雑詠選を担当。6年主宰を引き受け「雲母」と改題し、以後、生涯孤高の俳人として活躍。「山廬集」「山響集」「雪峡」「家郷の霧」「椿花集」など10句集のほか、「穢土寂光」「美と田園」「田園の霧」「山廬随筆」などの随筆集、「俳句道を行く」「現代俳句の批判と鑑賞」などの評論・評釈集と著書は数多い。没後、「飯田蛇笏全句集」(角川書店)が刊行され、また、42年に蛇笏俳句の俳壇的業績を記念して“蛇笏賞”が角川書店により設定された。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典「飯田 蛇笏」の解説

飯田 蛇笏 (いいだ だこつ)

生年月日:1885年4月26日
明治時代-昭和時代の俳人
1962年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android