コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飯田清太 いいだ せいた

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

飯田清太 いいだ-せいた

1889-1975 大正-昭和時代の鉄道技術者。
明治22年10月生まれ。大正2年鉄道会社にはいり,各地の鉄道敷設にあたる。10年東海道線旧丹那トンネル建設工事中,落盤事故により坑内にとじこめられるが,冷静沈着な行動によって8日後にほかの16名とともに生還した。昭和50年12月10日死去。86歳。新潟県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

飯田清太の関連キーワード昭和時代

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android