釜石線(読み)かまいしせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岩手県南部を東西に走る鉄道で,北上山地横断線の一つ。東日本旅客鉄道。全長 90.2km。花巻市花巻から北上高地を越え,遠野通り三陸海岸釜石市釜石にいたる。 1913年岩手軽便鉄道が敷設工事に着手,1915年花巻から仙人峠 (887m) 西麓の足ヶ瀬まで開通した。 1936年国鉄線となり,軌間 762mmの軽便線は逐次国鉄標準の 1067mmの軌道に変換された。 1950年仙人峠の下をくぐる馬蹄形のループトンネルと仙人トンネルの完成により全線開通。 1987年4月に民営化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

岩手県花巻〜釜石間のJR線。営業キロ90.2km。北上山地横断線の一つ。東北本線花巻駅から北上山地を横断して三陸沿岸に達する。1936年岩手軽便鉄道花巻〜仙人峠間を国有化,釜石〜陸中大橋間を1944年開業。仙人峠の急勾配(こうばい)区間の工事は第2次大戦のため遅れたが,1948年再開,1950年全通した。北上川の支流猿ヶ石川と釜石湾に流れる甲子川に沿って走り,中間点には民間伝承の宝庫遠野市がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東日本旅客鉄道(JR東日本)の線路名称。花巻(はなまき)―釜石間(岩手県)90.2キロメートル、全線単線、非電化。北上(きたかみ)高地横断鉄道の一つで、北上川流域から猿ヶ石(さるがいし)川に沿って走り、遠野(とおの)盆地を経て三陸海岸に至る。かつてこの区間は、花巻―仙人峠(せんにんとうげ)間には岩手軽便鉄道(軌間762ミリメートル)が1913~1915年(大正2~4)に開業し、仙人峠を大橋まで索道で越えていた。また釜石―大橋(現、陸中(りくちゅう)大橋)間には釜石鉱山鉄道があった。岩手軽便鉄道は1936年(昭和11)国有化されて釜石線となり、国は1943年花巻―柏木平(かしわぎだいら)間を1067ミリメートル軌間に改軌した(路線一部変更)。1944年釜石―陸中大橋間に新たな線路を釜石東線として建設したが、第二次世界大戦末期に工事はいったん中止された。1949年(昭和24)アイオン台風によって北方の山田線が寸断され、復旧に長期を要することとなったため、急拠釜石線の全通が急がれ、柏木平―足ケ瀬(あしがせ)間の改軌、足ケ瀬―陸中大橋間の建設が行われて、1950年ようやく釜石線として全通した(足ケ瀬―仙人峠間の旧軽便線区間と索道は廃止)。仙人峠の険は長さ2975メートルの土倉トンネルで抜け、陸中大橋付近には大規模な馬蹄(ばてい)形状の路線がある。1987年、日本国有鉄道(国鉄)の分割民営化に伴い、JR東日本に所属。2011年(平成23)3月11日の東日本大震災により不通となったが、同年4月までに全線復旧した。愛称は銀河ドリームライン釜石線。[青木栄一・青木 亮]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

東北本線花巻駅から分岐し、釜石まで通じるJR線。途中に遠野がある。昭和二五年(一九五〇)全線開通。全長九〇・二キロメートル。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

釜石線の関連情報