コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土讃線 どさんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

土讃線
どさんせん

四国地方を南北に横断する鉄道。 JR四国。香川県多度津を起点に高知を経て窪川 (高知県) にいたる。全長 198.7km。 1889年多度津-琴平間が讃岐鉄道として開通,1906年国有化。その後琴平と須崎から延長工事が進められ,35年全通。 51年窪川まで延長。阿波池田で徳島線,窪川で土佐くろしお鉄道と連絡。 87年4月民営化された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

どさん‐せん【土讃線】

四国、多度津(たどつ)から高知を経て窪川(くぼかわ)に至るJR線。昭和26年(1951)全通。瀬戸内海側と太平洋側を結ぶ。全長198.7キロ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

土讃線【どさんせん】

多度津(たどつ)〜窪川間のJR線。営業キロ198.7km。四国山地を横断し,香川・高知両県を結ぶ。1889年讃岐鉄道による多度津〜琴平間開業に始まり(1906年国有化),大正期から別個に建設された諸路線を統合。
→関連項目山陽鉄道四国旅客鉄道[株]徳島線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

どさんせん【土讃線】

予讃線多度津(たどつ)駅(香川県)を起点とし,四国山脈を横断,窪川駅(高知県)に至る198.7kmのJR四国の営業線(国鉄時代は土讃本線と称した)。土讃線は讃岐鉄道会社によって1889年5月丸亀~多度津~琴平間が開業,同社は1904年山陽鉄道会社と合併,06年12月鉄道国有法により国が買収した。29年7月には三縄(みなわ)(徳島県)まで延長された。一方,高知県側からは須崎~日下間が高知線として1924年3月に開業,高知までは同年11月に開業した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

土讃線
どさんせん

四国旅客鉄道の線路名称。多度津(たどつ)(香川県)―高知―窪川(くぼかわ)(高知県)間198.7キロメートル、全線単線。多度津―琴平(ことひら)間11.3キロメートルのみ電化。高知県を南西―北東方向に縦断し、吉野川上流部と讃岐(さぬき)山地を抜けて讃岐平野に結ぶ四国の幹線鉄道の一つ。1889年(明治22)讃岐鉄道によって多度津―琴平間が開業、山陽鉄道による買収を経て、1906年(明治39)国有化。国有鉄道線路名称の制定とともに讃岐線(のち予讃(よさん)本線を経て予讃線)の一部となった。一方、高知側では高知線の名称で建設が進み、1924~1934年(大正13~昭和9)に須崎(すさき)―高知―豊永(とよなが)間を開業したが、1935年、三縄(みなわ)―豊永間の開業によって徳島本線(現、徳島線)と連絡し、予讃本線多度津―阿波(あわ)池田間(1929年全通)、徳島本線阿波池田―三縄間(1931年開業)をあわせて土讃線となった。その後、路線を高知県南西部の山地に延長し、1951年(昭和26)までに窪川に達して、1963年土讃本線となった。1987年、日本国有鉄道の分割民営化で、四国旅客鉄道に所属し、1988年ふたたび土讃線と改称した。[青木栄一・青木 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の土讃線の言及

【土佐山田[町]】より

…地場産業として打刃物や竹串の生産がある。土讃本線(現,土讃線)は1925年に高知~土佐山田間が開通した。戦国時代,土佐七守護の一人とされた山田氏の居城楠目(くずめ)城(山田城)跡や同氏の菩提寺予岳寺がある。…

※「土讃線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

土讃線の関連キーワード香川県仲多度郡多度津町四国旅客鉄道[株]土佐山田[町]大歩危・小歩危不動ガ岩屋洞窟大歩危・小歩危山田(高知県)土佐藩砲台跡中土佐[町]香川県三豊市善通寺[市]四国旅客鉄道多度津[町]四万十[町]飯田 清太須崎[市]財田[町]佐川[町]井川[町]仲南[町]

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土讃線の関連情報