コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

餅屋 モチヤ

デジタル大辞泉の解説

もち‐や【餅屋】

餅をついて売る、または人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

餅屋
もちや

餅を搗(つ)き、それを売る店。16世紀に餅売りという女性の振売りがあった。餅は自家で搗いた。17世紀には餡(あん)餅屋や餅菓子屋が大都市に現れた。多く餅搗きをする餅師の営む店であった。のちには餅搗きを抱えたり雇ったりする店もできた。そこでは一般の需要に応じて賃餅もした。20世紀、明治時代後期になるとおもに餅菓子屋といい、自家製造のほか、菓子問屋から仕入れる純然たる商人もできた。[遠藤元男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

餅屋の関連キーワードインターネットデータセンター芸は道によって賢し和田峠(長野県)名古屋ういろう金々先生栄花夢嵐音八(初代)高島屋おひさ倉内忠左衛門権五郎力餅餅屋は餅屋都鳥廓白浪餅屋・餠屋忍の惣太草加煎餅倉田秋満餅は餅屋江島其磧安倍川餅川端道喜遠藤元男

餅屋の関連情報