香川 悦次(読み)カガワ エツジ

20世紀日本人名事典の解説

香川 悦次
カガワ エツジ

明治・大正期のジャーナリスト



没年
大正13(1924)年

出生地
香川県綾歌郡

別名
号=静処,香菴,怪菴,魁菴

学歴〔年〕
東京法学院(現・中央大学)〔明治25年〕卒

経歴
中央政社幹事を経て、政教社に入り、雑誌「日本人」の主幹として政治方面に文名を馳せた。その後、「万朝報」「やまと新聞」で政治記者として活躍。明治34年清国に渡り、帰国後「支那案内記」を著した。また、福本誠らと共に、中国革命運動に参画。著書に「政界文士風聞録」「大浦兼武伝」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android