主幹(読み)しゅかん

精選版 日本国語大辞典「主幹」の解説

しゅ‐かん【主幹】

〘名〙
① 仕事の中心となる人。取締り。もとじめ。
※読売新聞‐明治一一年(1878)八月一五日「西京では菊池三渓先生が主で、風月雑誌といふを出版され」
② 物事を構成する中心となるもの。
※日本風景論(1894)〈志賀重昂〉四「三嶽相連続して一大山塊をなすも焼嶽を以て主幹とす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「主幹」の解説

しゅ‐かん【主幹】

ある仕事を中心となって行いまとめていく人。「編集主幹

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android