コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬切衛門 うまきり えもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

馬切衛門 うまきり-えもん

?-? 室町時代の武士。
応仁(おうにん)の乱のころから出現した足軽大将のひとり。文明3年(1471)東寺近辺で足軽をつのったところ,寺が禁じているにもかかわらず,寺ではたらく身分のひくい者たちや,農民がおおく集まったという。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

馬切衛門

生年:生没年不詳
室町時代の武将。応仁の乱(1467~77)の勃発で骨皮道賢など足軽大将が活躍するが,衛門もそのひとり。文明3(1471)年東寺近辺の八条で衛門が足軽を募集したところ,東寺諸坊の下級隷属人や農民の多くが応募し,東寺の制止も効かなかった。これは近郊農民の間で足軽が一種の風俗として流行していた証左とみられる。

(今谷明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android