コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応仁 オウニン

4件 の用語解説(応仁の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おうにん【応仁】

室町後期、後土御門(ごつちみかど)天皇の時の年号。1467年3月5日~1469年4月28日。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

応仁 おうにん

?-1153 平安時代後期の僧。
輔仁(すけひと)親王の王子。後三条天皇の皇孫。天台宗。保延(ほうえん)2年崇徳(すとく)天皇の護持僧となる。4年権(ごんの)少僧都,法眼にすすんだ。仁平(にんびょう)3年1月2日死去。法名ははじめ仁操。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

大辞林 第三版の解説

おうにん【応仁】

年号(1467.3.5~1469.4.28)。文正の後、文明の前。後土御門ごつちみかど天皇の代。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の元号がわかる事典の解説

おうにん【応仁】

日本の元号(年号)。室町時代戦国時代)の1467年から1469年まで、後土御門(ごつちみかど)天皇の代の元号。前元号は文正(ぶんしょう)。次元号は文明(ぶんめい)。1467年(文正2)3月5日改元。兵革(戦乱)の凶事を断ち切るために行われた。『維城典訓(いじょうてんくん)』を出典とする命名。応仁年間の室町幕府の将軍は足利義政(よしまさ)(8代)。1467年(応仁1)、河内・紀伊・山城・越中守護の畠山義就(よしなり)が管領解任を不服として、新管領の畠山政長を襲撃したことをきっかけに大規模な争乱に発展、応仁・文明の乱へとつながった。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応仁の関連キーワード木幡雅遠年号永禄近古元亀戦国美濃彫意雲昌地楊富

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

応仁の関連情報