コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

馬壩人 ばはじんMaba-ren

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

馬壩人
ばはじん
Maba-ren

中国広東省韶関市馬 壩の石灰洞穴から発掘された化石人類頭骨。更新世後期のものとされる。シナントロプスよりも頭蓋が高く,中国における旧人類の段階を代表するものと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ばはじん【馬壩人 Mǎ bà rén】

中国の旧人と見なされる人類。マパ人ともいう。1958年,広東省韶関の馬壩の石灰岩洞窟から発掘された。石器は発見されていないが,人骨に伴う化石の哺乳動物から洪積世後期に由来するものと見なされている。頭骨は頭頂骨と右眼窩上部を含む前頭骨,および頰骨,鼻骨の一部をもつ不完全なものであるが,発達した眼窩上隆起と幅の広い鼻骨と比較的厚い骨などの点から,呉汝康,彭如策は,この人類がヨーロッパのネアンデルタール人類に相当するものと見なしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android