駐車ブレーキ(読み)ちゅうしゃブレーキ

百科事典マイペディアの解説

駐車ブレーキ【ちゅうしゃブレーキ】

パーキングブレーキ,また俗にサイドブレーキとも。駐車中,運転者が自動車を離れても車が動かないようにするブレーキ。もっぱら手で操作するのでハンドブレーキともいい,帯,シュー,円板などを推進軸または後車輪に作用させ,ラチェットによって作用を保持する。坂道での発進時,フットブレーキのきかない緊急時などにも使用。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ちゅうしゃ‐ブレーキ【駐車ブレーキ】

〘名〙 (ブレーキはbrake) 自動車を停止状態にしておくブレーキ。推進軸(変速機主軸)に設けたドラムを締め付ける。サイド‐ブレーキ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の駐車ブレーキの言及

【自動車】より


[ブレーキ装置]
 自動車を安全にかつ意のままに運転するためには,停止あるいは減速のための優れた制動能力をもつブレーキ装置が不可欠であり,安定した効きをもつこと,故障のおそれがなく,人が制御しやすいことが望まれる。ブレーキには常用ブレーキと駐車ブレーキがある。駐車ブレーキはハンドブレーキとも呼ばれ,ワイヤによって力を伝達して前後輪のうちどちらかに制動力を作用させるもので,ラチェットによってその力を保持するようにしている。…

※「駐車ブレーキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報