駒村 資正(読み)コマムラ スケマサ

20世紀日本人名事典の解説

駒村 資正
コマムラ スケマサ

大正・昭和期の実業家 日本貿易振興会理事長;江商社長。



生年
明治27(1894)年6月14日

没年
昭和44(1969)年10月22日

出生地
奈良県

学歴〔年〕
大阪高商(現・大阪市立大学)〔大正4年〕卒

経歴
三井物産棉花部に入社、大正9年棉花部が独立して東洋棉花になったのを機に同社に移り、棉花部勤務時と同様ボンベイ支店で棉花の買い付けに従事。昭和6年昭和棉花常務、さらに17年江商取締役を兼務。18年昭和棉花の江商への合併を推進した。20年江商社長に就任し、同社を関西5綿の一つに躍進させる原動力となった。また財界の論客としても知られ、通産省顧問、大阪商工会議所副会頭、日本綿花協会理事長、経団連常任理事、日本貿易振興会理事長などを務め、綿花業界の中心人物であった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

駒村 資正 (こまむら すけまさ)

生年月日:1894年6月14日
大正時代;昭和時代の実業家。日本貿易振興会理事長;江商社長
1969年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android