コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨器 コッキ

デジタル大辞泉の解説

こっ‐き【骨器】

鳥獣や魚の骨を材料とする道具。角器とあわせて骨角器とよぶことが多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の骨器の言及

【骨角器】より

… 日本においては,先土器時代に属する岩手県花泉町金森遺跡から,野牛の肋骨を利用した尖頭器が発掘されている。これが,今のところ日本で最も古い骨器である。中緯度の狩猟・漁労・採集民であった縄文人は,多種多様な骨角器を生産した。…

※「骨器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

骨器の関連キーワードキリ・グル・ムハンマド遺跡オーバーカッセル遺跡オーリニャック文化伊福吉部徳足比売といし(砥石)バン・アン遺跡ディアギータ族サイ・ヨク洞穴ブルザホム遺跡タボン洞穴群茂山虎谷遺跡野口王墓古墳小瀬ヶ沢洞穴一の谷墳墓群ジョイトゥンふごっぺ洞窟威奈大村墓誌イテリメン族岩櫃山遺跡斉家坪遺跡

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

骨器の関連情報