コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骨器 コッキ

デジタル大辞泉の解説

こっ‐き【骨器】

鳥獣や魚の骨を材料とする道具。角器とあわせて骨角器とよぶことが多い。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の骨器の言及

【骨角器】より

… 日本においては,先土器時代に属する岩手県花泉町金森遺跡から,野牛の肋骨を利用した尖頭器が発掘されている。これが,今のところ日本で最も古い骨器である。中緯度の狩猟・漁労・採集民であった縄文人は,多種多様な骨角器を生産した。…

※「骨器」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

骨器の関連キーワードキリ・グル・ムハンマド遺跡オーバーカッセル遺跡オーリニャック文化伊福吉部徳足比売といし(砥石)バン・アン遺跡ブルザホム遺跡ディアギータ族サイ・ヨク洞穴小瀬ヶ沢洞穴茂山虎谷遺跡イテリメン族一の谷墳墓群タボン洞穴群野口王墓古墳ふごっぺ洞窟威奈大村墓誌夏家店遺跡西陰村遺跡岩櫃山遺跡

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android