骨角器(読み)こっかくき

日本大百科全書(ニッポニカ)「骨角器」の解説

骨角器
こっかくき

脊椎(せきつい)動物(ヒトも含めて)の骨角歯牙(しが)を材料としてつくられた製品。石製、土製のものに比べて、大きさ、形の加工が自由であり、したがって多くの種類のものがつくられている。刺突(しとつ)や掘り起こすための道具、彫刻を施して像や装飾をつけたもの、卜占(ぼくせん)の材料などがあり、食肉獣のは穿孔(せんこう)しただけで垂飾(すいしょく)の効果があった。

 考古学の資料からみて、形の整った製品のみられるのは、ヨーロッパの旧石器時代後期になってからで、オーリニャック文化に単純な尖頭器(せんとうき)があり、それに続くソリュートレ文化、マドレーヌ文化になると、鋭い逆刺をつけたり着柄(ちゃくへい)法をくふうした製品ができる。トナカイの角(つの)でつくられることが多く、使用法は木製の柄(え)の先端に固定して槍(やり)としたり、柄の先にソケットをつくり、そこに差し込んで、離脱が自由にできる(もり)の機能をもつものもつくられている。中石器時代から新石器時代にかけて骨角器は各地でつくられる。シカの中手(ちゅうしゅ)・中足骨(ちゅうそっこつ)を材料とした単純な刺突具、銛頭(もりがしら)にも種々の形のものがつくられ、閉窩(へいか)式、開窩式の区別もみられるようになる。銛頭の先にさらに石製、イノシシの牙(きば)製の(やじり)をはめ込むものもある。こうした銛頭は、世界の各地で、地域ごとに特徴ある形をつくっていた。釣り針も骨角でつくられている例が多いが、貝、歯牙製のものもある。骨角は水中で魚を寄せ付ける効果があったろう。中石器時代以降に盛んにつくられる。鉤(かぎ)形でなく、両端をとがらす状のものもある。鉤形のものは、軸と鉤の部分を別々につくる例も多い。しかし、一つの材料からつくる鉤形が基本形であったろう。形態、大きさは実に多様で、釣りの効果をあげるためにさまざまなくふうを凝らしている。なお、骨角器の材料として鯨骨(げいこつ)が使える場合は、その材料が大きく豊富なところから、独特の骨角器文化をつくりだした。北太平洋沿岸地域にそうした例をみる。

[金子浩昌]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「骨角器」の解説

骨角器【こっかくき】

鳥,獣,魚などの骨,角,歯牙(しが)などで作った器物の総称。狩猟,漁労,採集の段階にあった人類が製作,使用したもので,針,鏃(ぞく),釣針,尖頭(せんとう)器などの利器,斧(おの)の柄,容器,また,(くし),首飾,耳飾などの装飾品がある。石器よりは遅れて出現,ヨーロッパでは後期旧石器時代のオーリニャック期(オーリニャック文化)に始まるが,マドレーヌ期(マドレーヌ文化)に至って急激な発達をみた。日本では縄文(じょうもん)時代盛行弥生時代以降,利器としての利用は金属器に変わり衰退するが,オホーツク海沿岸に発達したオホーツク文化などに,すぐれた骨角器製作技術をみることができる。
→関連項目オホーツク文化シナントロプスナトゥフ文化バクソン文化半坡遺跡北方ユーラシア文化マリタ雄基貝塚

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「骨角器」の解説

骨角器
こっかくき

骨または角でつくられた道具。旧石器時代から世界に広く出現している。銛,釣針,やす,鏃,装身具などがある。なかでも海獣骨を用いたものには大型のものが多く,骨鍬,骨斧のようなものがある。角製品ではしかの角を用い,その枝分れの部分を利用して釣針などをつくる例もある。多くは貝塚から出土する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「骨角器」の解説

こっかく‐き【骨角器】

〘名〙 鳥、獣、魚などの骨、牙(きば)、角で作った器具。ヨーロッパでは旧石器時代後期、日本では縄文時代から盛んにつくられ、特にシカの骨や角を利用したものが多い。針、錐、櫛、鏃(やじり)、銛(もり)、釣り針などがある。骨器

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「骨角器」の解説

骨角器
こっかくき

原始時代,獣・鳥・魚の骨や角などでつくられた道具
縄文時代には銛 (もり) ・釣針などの魚撈用具や鏃 (やじり) として利用されたが,弥生時代に入ると装身具などに用いられるようになった。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「骨角器」の解説

骨角器
こっかくき

動物の骨・角・歯・牙で作った道具・装身具の総称
旧石器時代後期から中石器〜新石器時代にかけて盛んに使用された。のち金属器の出現によって用いられなくなった。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

デジタル大辞泉「骨角器」の解説

こっかく‐き【骨角器】

獣類の骨・角・歯牙や魚骨・鳥骨などで作った道具。石器時代に多く用いられた。銛(もり)・簎(やす)・鏃(やじり)・針など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「骨角器」の解説

こっかくき【骨角器】

骨や角を加工して道具としたもので,牙製品を含めることもある(図)。原人段階の原始的なものから,精巧で多様なものへと現代に至るまで加工されてきている。数十万年前の北京原人は,すでにシカの頭骨を多少加工して,容器様のものとしたことが知られ,旧人段階になると骨や角を加工して先をとがらせ,尖頭器としたものが世界各地から報告されている。とくに骨角器の生産の高まったのは,後期旧石器時代になってからである。各種の骨や角から,槍先や銛(もり)頭のような狩猟具,針やきり)といった工具,鹿角製の投槍器指揮棒,そしてマンモス牙製の女性像や装身具が作りだされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android