コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

骸泥 がいでいgyttja

岩石学辞典の解説

骸泥

淡水の堆積物で,多量の珪藻藻類,その他の生物体を含むもの.ほとんど嫌気性の条件下で湖中に形成されたと見られる[Naumann : 1930].主に浮遊性生物の遺骸が集積した湖底堆積物[木村ほか : 1973].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

骸泥の関連キーワードユッチャ貧栄養湖富栄養湖榛名湖淡水

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android