コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高冷地 コウレイチ

デジタル大辞泉の解説

こうれい‐ち〔カウレイ‐〕【高冷地】

低緯度地帯でありながら標高が高く、寒冷な土地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうれいち【高冷地】

低緯度に位置し標高の高い寒冷な土地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の高冷地の言及

【長野[県]】より

…また県域は全体的に標高が高く,山地帯,亜高山帯に属している地域が広い。県北部では標高650m以上,それ以外では800m以上の地域がいわゆるシラカバ気候の高冷地で,県内の高原の大部分はこの高冷地に属している。標高1400~1500m以上はダケカンバの自生する亜高山帯,2500~2600m以上はハイマツの生える高山帯である。…

※「高冷地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

高冷地の関連キーワード黒斑病(レッドトップ)福島県相馬郡飯舘村岩手県岩手郡岩手町栃木県日光市藤原飛騨ほうれんそう小淵沢[町]ひだほまれ日南トマト富士[町]大豊[町]上勝[町]高宮[町]野辺山高原飛騨・飛驒久住たかな村岡[町]矢部[町]高森[町]長野原盆地小海[町]

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android