海抜(読み)カイバツ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 平均海水面からの高さ。陸地の高さや飛行高度などを表わす時に用いる。標高。絶対高度。
※風俗画報‐三五一号(1906)小石川宮下町「北と西は北豊島郡巣鴨に堺せり、区内の最高地にて、海抜(カイバツ)九十尺といへり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の海抜の言及

【標高】より

…基準面から測ったある地点までの垂直距離をいう。基準面は海面を選ぶ場合が多いので,海抜または海抜高度と呼ばれることもある。日本における陸地の高さ(標高)は,明治10年前後の東京湾の平均海面を基準面として,水準原点(東京都千代田区永田町1丁目1番地の水準標石の零分区画線)の高さを平均海面上24m4140とし,これを基準として測定されたものである。…

※「海抜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海抜の関連情報