コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海抜 カイバツ

デジタル大辞泉の解説

かい‐ばつ【海抜】

海水面から測った陸地の高さ。干潮時と満潮時の年間平均を基準とする。標高

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいばつ【海抜】

一定の海面を基準として表した、山や陸地などの高さ。日本では、東京湾の平均海面を海抜0メートルとする。標高。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の海抜の言及

【標高】より

…基準面から測ったある地点までの垂直距離をいう。基準面は海面を選ぶ場合が多いので,海抜または海抜高度と呼ばれることもある。日本における陸地の高さ(標高)は,明治10年前後の東京湾の平均海面を基準面として,水準原点(東京都千代田区永田町1丁目1番地の水準標石の零分区画線)の高さを平均海面上24m4140とし,これを基準として測定されたものである。…

※「海抜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

海抜の関連キーワードヘルマートの公式ナンガパルバットゼロメートル地帯中ノ岳・中ノ嶽茶臼岳・茶臼嶽駒ヶ岳・駒ヶ嶽ポポカテペトル賤ヶ岳・賎ヶ嶽サルトロカンリ石狩岳・石狩嶽大日岳・大日嶽恵庭岳・恵庭嶽アウサンガテアンナプルナ東尋坊タワーシエラネバダユングフラウ旭岳・旭嶽ダウラギリアイガー

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

海抜の関連情報