高向国押(読み)たかむこの くにおし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高向国押 たかむこの-くにおし

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
皇極天皇2年(643)山背大兄(やましろのおおえの)王が蘇我入鹿(そがの-いるか)に攻められて胆駒(いこま)山にかくれたとき,入鹿に王を捕らえるよう命じられたが,皇極天皇の宮をまもって外にでようとしなかった。孝徳朝には刑部尚書であった。名は国忍ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

高向国押

生年:生没年不詳
7世紀後半の官人麻呂の父。国忍とも書く。蘇我氏の配下にあったが,皇極2(643)年山背大兄王が胆駒山(生駒市と東大阪市境界にある生駒山)に逃げ込んだとき,蘇我入鹿の王追捕の命に従わず,皇極天皇の宮を守った。4年乙巳クーデタ(大化の改新)では,漢直 らと共に中大兄皇子(のちの天智天皇)と対立したが,説得に応じて軍陣を解くなど,十分事の理非をわきまえた人物であった。子の麻呂の薨伝(『続日本紀』)によると,孝徳朝(645~654)では刑部尚書で,冠位は大花上(大宝令制の正四位に相当)。

(橋本義則)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android