コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高周波乾燥 こうしゅうはかんそう

百科事典マイペディアの解説

高周波乾燥【こうしゅうはかんそう】

高周波による誘電加熱を利用する乾燥法。他の乾燥法と異なり内部加熱による乾燥のため均一加熱ができ,乾燥時間が短縮でき,安全で選択的加熱が可能だが高価。木材等の乾燥に利用。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高周波乾燥
こうしゅうはかんそう

高周波を用いた誘電加熱による乾燥法。木材の乾燥にもっとも広く用いられ、20キロワットで一度に10石(こく)(約3立方メートル)程度の乾燥が可能である。この場合、3メガ~20メガヘルツの周波数を用い、天日乾燥に比べて数十分の1に乾燥時間が短縮できる。[岩田倫典]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android