高島 義恭(読み)タカシマ ヨシタカ

20世紀日本人名事典の解説

明治・大正期の実業家



生年
嘉永6年(1853年)

没年
大正15(1926)年11月8日

出生地
肥後国熊本内坪井町(熊本県)

経歴
藩校時習館に学ぶ。明治10年西南戦争で西郷軍に加わり敗北、帰順し広島監獄に入れられた。出獄後、佐々友房らと紫溟会を組織して政治運動をおこす。のち実業界に投じ、大阪商船会社を経て、福岡県門司に築港会社を設立、取締役に就任。24年細川旧藩主の家扶となり、同家の財政の基礎を確実なものにした。31年細川家家扶を辞し、朝鮮釜山埋築会社を組織。埋築竣成の後、釜山港と釜山市街の繁華の基礎をつくり、その記念として高島町の名を残した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android