コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫溟会 しめいかい

世界大百科事典 第2版の解説

しめいかい【紫溟会】

自由民権期の熊本の国権主義政党。会名は筑紫の海にちなむ。井上毅らの画策により,1881年9月佐々友房を中心に士族主体の学校党を母体として結成された。〈皇室ヲ翼戴シ立憲ノ政体ヲ賛立シ以テ国権ヲ拡張ス〉などを主張。当初,相愛社や実学党の糾合が策されたが,相愛社は不参加,実学党も2ヵ月後に脱退しなければならなかった(のち両党は民権主義の公議政党である九州改進党を結成)。82年済々黌を設立し《紫溟雑誌》を創刊。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

紫溟会の関連キーワード高島 義恭武藤 環山古荘 嘉門立憲帝政党主権論争武藤環山

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android