コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高島玄旦 たかしま げんたん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高島玄旦 たかしま-げんたん

?-? 織豊-江戸時代前期の茶人。
もと堺妙国寺の住僧織田有楽斎(うらくさい)の茶頭(さどう)となり,京都では祇園玄旦とよばれた。千利休の茶挽坊主高橋玄旦(端,丹)と同一人物ともいう。号は飽休庵。著作に「喫茶活法奥儀集」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android