コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織田有楽斎 おだうらくさい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

織田有楽斎
おだうらくさい

[生]天文16(1547).尾張
[没]元和7(1621).12.13. 京都,東山
安土桃山~江戸時代初期の武将。織田信長の弟。信長とは性格が違い,武将であったが晩年は茶人として有名。本名は長益,有楽斎は号で,単に有楽ともいう。信長が本能寺の変で倒れてからは秀吉に仕え,関ヶ原の戦いでは東軍についた。また大坂冬の陣では豊臣方の盟主に推されたが,夏の陣には参加せず,徳川家康スパイであったともいわれる。その後は京都の祇園に隠棲して茶道に専念,「有楽流」という名を後世に伝えた。東京の有楽町は有楽斎の屋敷がそこにあったことから生れた地名。 (→織田氏 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

織田有楽斎【おだうらくさい】

安土桃山・江戸初期の武士,茶人。織田信長の弟。名は長益。千利休の高弟。本能寺の変後,豊臣秀吉に仕え,のち徳川家康にも接近。大坂冬の陣後,京都建仁寺内の正伝院に住み,如庵(じょあん)を建てた。
→関連項目織田氏数寄屋橋有楽町

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

織田有楽斎 おだ-うらくさい

1547-1622* 織豊-江戸時代前期の武将,大名,茶人。
天文(てんぶん)16年生まれ。織田信秀の11男。織田信長の弟。本能寺の変後,豊臣秀吉につかえ御伽衆(おとぎしゅう)となる。関ケ原の戦いでは徳川家康方につき,摂津味舌(ました)藩(大阪府)藩主となり,摂津,大和(奈良県)に3万石を知行。茶を千利休にまなび有楽流をひらいた。東京有楽町はその屋敷跡で今に名をのこす。元和(げんな)7年12月13日死去。75歳。名は長益。通称は源五郎

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

織田有楽斎

没年:元和7.12.13(1622.1.24)
生年:天文16(1547)
安土桃山・江戸前期の大名,茶人。織田信長の弟。茶道有楽流の祖。通称源五,名は長益。本能寺の変後,豊臣秀吉に仕えて御伽衆となり摂津の内で2000石を領し,天正18(1590)年剃髪して有楽と号した。文禄3(1594)年,秀吉の前田利家邸への御成に際しては室礼などを指導し,その名を高めた。関ケ原の戦には徳川方に属して,大和で3万石を与えられた。大坂冬の陣には淀君の叔父に当たることから大坂城に入ったが,なお家康との間の斡旋を続けた。戦後は京都二条に隠棲し,夏の陣には加わらなかった。その後4男長政に1万石,5男尚長に同じく1万石を分与し,残り1万石を自らの養老料とした。元和4(1618)年,京都建仁寺に正伝院を再興して移住。このとき院内に作られた二畳半台目の茶室如庵(国宝)は犬山市に現存。茶の湯は利休に学んだが,むしろ独自の茶風を展開した。孫の長好や信長の孫織田貞置,さらに堺妙国寺の住僧で有楽の茶頭役を勤めた,祇園玄旦とも呼ばれた高橋玄旦らに引き継がれ,のちに有楽流が開かれた。<参考文献>坂口筑母『茶人織田有楽の生涯』

(谷端昭夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

江戸・東京人物辞典の解説

織田有楽斎

1547〜1621(天文16年〜元和7年)【茶人】その屋敷跡が、有楽町の名として残った。 安土桃山・江戸初期の武将にして茶人。信長の弟。信長の死後、秀吉・家康に仕えた。大阪城では豊臣秀頼を助けて家康と折衝に尽力。その後京都に隠棲した。茶を千利休に学び、利休七哲の1人に数えられる。東京都千代田区有楽町の名は彼の住居跡に由来する。また、数寄屋橋も有楽斎が拝領した土地に数寄屋を多く建てたことからの町名とも言われる。

出典|財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おだうらくさい【織田有楽斎】

1547‐1621(天文16‐元和7)
安土桃山・江戸初期の武士,茶人。信長の弟。幼名源五郎,のち長益。剃髪して如庵有楽斎と号する。本能寺の変後豊臣秀吉に仕えたが,関ヶ原の戦では東軍につき,のち徳川方と結びながら秀頼の補佐にあたる。大坂夏の陣の前に大坂城を退去,その後京都建仁寺に隠棲して茶の湯に親しむ。千利休門下として秀吉の茶会にもしばしば出席,利休なきあと茶の宗匠と称されるなど当代一流の茶人で,有楽流を開いた。【久留島 典子】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おだうらくさい【織田有楽斎】

1547~1621) 安土桃山・江戸前期の武将・茶人。信長の弟。関ヶ原の戦いでは東軍に与くみしたが、大坂夏の陣後は京都東山に隠棲し、茶道の有楽流の祖となる。江戸の屋敷跡が現在の有楽町ゆうらくちよう、数寄屋を構えた近くが数寄屋橋である。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の織田有楽斎の言及

【有楽流】より

…織田信長の弟有楽(織田有楽斎)を流祖とする茶道の流派の一つ。利休七哲として,また台子(だいす)七人衆に次ぐ数寄大名として利休流の茶を伝授された有楽が,次男の雲生寺道八(織田頼長。…

【如庵】より

…建仁寺塔頭正伝院に設けられた織田有楽斎(うらくさい)の茶室。1618年(元和4)秋ごろには,庫裡の北方に書院と数寄屋とから成る隠居所の建物ができあがっていた。…

※「織田有楽斎」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

織田有楽斎の関連キーワードフランソワHenryモーリツ戸田康光フランソワヘンリーシャンボール城甲州法度富士山レンジャー浅野長政

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

織田有楽斎の関連情報