コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高木‐トーパンの式 Takagi-Taupin equation

1件 の用語解説(高木‐トーパンの式の意味・用語解説を検索)

法則の辞典の解説

高木‐トーパンの式【Takagi-Taupin equation】

別名を「高木の方程式」という.1962年に(当時東京大学教授)高木佐知夫の導いた,歪みを含む不完全結晶にも適用可能な動力学的回折理論の基礎方程式である.

結晶内にX線や電子線が入射したとき,多くの回折波が生じるために,それらを含めた波の波動関数振幅変調を受けた多数の波の重畳したものとして

ψ(r)=∑ψhr)exp(2πikhr

のようになる.kh は波動ベクトルであり,ψhr) は振幅と位相を表す複素振幅である(ここまではトーパン(D. Taupin)がこれより先に導出していた).一次波 ψ0 と,一つの回折波 ψh 以外の影響を無視できれば次のような連立微分方程式が得られる.これを「高木‐トーパンの式」という.

ここで s0sh はそれぞれ両波の進行方向にとった斜行座標,κ は波数,C はX線の場合には偏極因子,電子線の場合には1である.β は入射波のブラッグ条件*からの偏倚を表す係数,χ(-h),χ(h)は散乱ポテンシャルのフーリエ項を表す.完全結晶であれば,β,χ(-h),χ(h) は定数である.

出典|朝倉書店
法則の辞典について | 情報

高木‐トーパンの式の関連キーワードみかんぐみ角閃石黒雲母花崗岩藤村志保北島三郎チェコ文学天と地とアルシメド号ウェインコネリーブルック

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone