コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

振幅変調

7件 の用語解説(振幅変調の意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

振幅変調

アナログ信号でビットデータを送信するための変調方法の1つ。振幅変調では、キャリア波の振幅に強弱をつけ、この違いにそれぞれ0または1を割り当てることで、ビットデータを転送できるようにする。AMラジオ放送では、この振幅変調が利用されている。電話回線を経由する信号の振幅は音の強さにかかわる部分で、雑音の影響を受けやすいため、モデムでは純粋な振幅変調は利用されていない。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんぷく‐へんちょう〔‐ヘンテウ〕【振幅変調】

信号波の振幅に応じて電波の強さ(振幅)を変える通信方式ラジオ放送の中波短波アナログテレビ放送の映像送信などに利用。AM。→周波数変調

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

振幅変調【しんぷくへんちょう】

AM(amplitude modulationの略)とも。信号波の変化に応じて搬送波の振幅を変える変調方式。変調・検波とも容易で,最も古くから用いられ,中・短波ラジオ放送,テレビの映像放送,無線通信,有線搬送通信等に広く利用される。
→関連項目AM検波振幅

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんぷくへんちょう【振幅変調 amplitude modulation】

AMともいう。搬送波の振幅を情報に従って変化させる変調方式をいう。搬送波が正弦波, s(t)=Acos(ωct+θc)  ……(1) で変調信号v(t)がアナログ信号の場合,基本的な振幅変調を受けた搬送波は, s(t)=A{1+kv(t)}cos(ωct+θc)  ……(2) となる。ここに,kは定数で,kv(t)の絶対値が1を超えない値である。kv(t)の絶対値の最大値を変調度という。式(2)の波形は,図のaのようになる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんぷくへんちょう【振幅変調】

搬送波の振幅を信号波で変化させる変調方式。 AM 。 → 周波数変調

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

振幅変調
しんぷくへんちょう
amplitude modulation

搬送波の振幅を信号波の振幅に応じて変化させる変調法。略して AM。変調には真空管,トランジスタあるいはダイオードなどを用い,これを復調するには,ダイオードなどのような非線形素子を通して行う。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

振幅変調
しんぷくへんちょう
amplitude modulation

無線通信においてもっとも古くから行われてきた変調方式。略してAMという。中波や短波のラジオ放送、およびNTSC方式のテレビ映像信号の伝送などに広く用いられている。搬送波を変調するにあたり、伝送すべき信号電流の振幅変化に応じて搬送波の振幅に変化を与え、その包絡線が信号波形と相似となるようにした変調方式である。
 しかし、搬送波の振幅に変化を与えようとすると、搬送波を中心として信号の周波数だけ高い周波数、および低い周波数の二つの周波数が発生する。これを側波帯といい、信号の周波数が変化するとその側波帯の周波数が変化し、振幅が増減するとその振幅が増減する。振幅変調を行っても搬送波にはなんの変化も生じないので、搬送波には情報の成分は含まれず、情報を伝えるのは側波帯だけなのである。100%変調の場合でも、側波帯の振幅は搬送波の半分しかないから、片方の側波帯の電力は搬送波の4分の1しかない。全送信電力の3分の1だけが側波帯の電力の最大値となるから、能率がよいとはいいがたい。占有周波数帯の幅は、信号波に含まれるもっとも高い周波数の2倍になる。たとえば、中波のラジオ放送では、無線設備規則第6条・別表第2号で、電波の占有する幅を15キロヘルツと決められているので、ラジオで伝送できるもっとも高い周波数は7.5キロヘルツとなる。[石島 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

振幅変調の関連キーワードキャリア波周波数変調直交振幅変調搬送波復調位相変調側波帯PFMAM/FM単側波帯変調

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

振幅変調の関連情報