高村 謹一(読み)タカムラ キンイチ

20世紀日本人名事典の解説

高村 謹一
タカムラ キンイチ

明治〜昭和期の国家主義者



生年
明治14(1881)年12月30日

没年
昭和8(1933)年3月20日

出生地
福岡県筑紫郡山口村

経歴
幼くして父を亡くし、明治29年東京に出て弁護士・浜地八郎の書生となる。苦学して、のち国竜会露語学校に学び内田良平知遇を得た。35年工兵第12中隊に入営し、日露戦争に出征後、39年内田が中国安東県に設立した大同公司で業務を監督。公司閉鎖後も朝鮮通信社、国竜会などで内田を助け、対外問題に尽力した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android