知遇(読み)チグウ

大辞林 第三版の解説

ちぐう【知遇】

人格・才能を認められ、手厚くもてなされること。値遇。 「 -を得る」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ち‐ぐう【知遇】

〘名〙 人格や能力などを認めた上で、手厚くもてなされること。また、そのもてなし。立派な人物としてあたえられる厚遇。値遇。
※南郭先生文集‐初編(1727)九・与大潮師「不疎狂、亦嘗辱師之知遇
※無名作家の日記(1918)〈菊池寛〉「博士の(チグウ)を得さへすれば、案外早く文壇に紹介されて」 〔南史‐南康愍王曇朗伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知遇の関連情報