知遇(読み)ちぐう

精選版 日本国語大辞典「知遇」の解説

ち‐ぐう【知遇】

〘名〙 人格や能力などを認めた上で、手厚くもてなされること。また、そのもてなし。立派な人物としてあたえられる厚遇値遇
※南郭先生文集‐初編(1727)九・与大潮師「不疎狂、亦嘗辱師之
※無名作家の日記(1918)〈菊池寛〉「博士の知遇(チグウ)を得さへすれば、案外早く文壇に紹介されて」 〔南史‐南康愍王曇朗伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「知遇」の解説

【知遇】ちぐう

才知を認められて優遇される。〔晋書、阮伝〕(裕)にして太宰(め)さる。大將軍王敦、命じてと爲し、甚だ知せらる。

字通「知」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android