コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高橋太郎左衛門 たかはし たろうざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

高橋太郎左衛門 たかはし-たろうざえもん

?-? 江戸時代前期の農民。
出羽(でわ)鶴岡藩(山形県)遊佐郷の大肝煎(きもいり)。寛永9年(1632)農民逃散(ちょうさん)の責任をとわれて投獄される。翌年釈放されたが藩の殺害計画を知り江戸ににげ,幕府への訴えが受理されて大肝煎に復帰した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

高橋太郎左衛門の関連キーワード庄内藩出羽

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android