コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鶴岡藩 つるおかはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鶴岡藩
つるおかはん

庄内藩ともいう。江戸時代,出羽国庄内地方 (山形県) を領有した藩。のち大泉藩。元和8 (1622) 年内訌によって減封された最上氏に代って,酒井忠勝が信濃 (長野県) 松代から 13万 8000石で入封。寛永9 (32) 年1万 2000石加増,1万石を除封された熊本藩加藤忠広に配所料として割譲して 14万石となった。正保4 (47) 年忠富の代に新墾田2万石を忠恒 (同国松山藩 ) に,同1万石を忠解 (ただとき。同国庄内新田) に分与。明治1 (1868) 年 12代忠宝 (ただみち) のとき戊辰戦争が起り薩長軍と対抗して敗れ,12万石に減封され版籍奉還後大泉藩と改称,廃藩置県にいたった。奥羽地方最大の譜代大名。江戸城溜間詰。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

鶴岡藩【つるおかはん】

庄内(しょうない)藩とも。出羽(でわ)国鶴岡に藩庁をおいた。藩主は外様(とざま)の初代最上氏が1622年改易後,譜代(ふだい)の酒井忠勝(ただかつ)が入部,以降酒井氏が在封。
→関連項目出羽国松代藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

藩名・旧国名がわかる事典の解説

つるおかはん【鶴岡藩】

庄内藩(しょうないはん)

出典|講談社藩名・旧国名がわかる事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鶴岡藩
つるおかはん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

鶴岡藩の関連キーワード酒井忠恒(1)高橋太郎左衛門吉田大八(1)松平信庸(2)鈴木今右衛門旅川弥右衛門石原倉右衛門松平武右衛門白井矢太夫小笠原長泰篠崎彦十郎大山庄大夫白井千代梅阿部千万多松平甚三郎陽春亭慶賀島津新八郎酒井忠寄酒井忠良島田鉄弥

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android