高砂きんつば

デジタル大辞泉プラスの解説

高砂きんつば

兵庫県神戸市、本高砂屋が製造・販売する銘菓。角形に切った粒餡の各面に小麦粉をつけて鉄板で焼いたもの。明治30年代初めに丸形の江戸きんつばを角形六方焼きに改良し、店頭で焼きながら売る方式を考案したといわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android