コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高禖 こうばいGāo méi

1件 の用語解説(高禖の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうばい【高禖 Gāo méi】

中国古代の求子儀礼に祀(まつ)られる神。《礼記(らいき)》月令(がつりよう)に,仲春の月,玄鳥(燕)が至るとき,大牢(牛,羊,豕)を供えて高禖を祀り,天子と後宮夫人とがその前で弓矢を授受する儀礼をしるす。その起源は殷の始祖説話に,簡狄(かんてき)が玄鳥の卵を飲んで妊(はら)み,契(せつ)を生んだのでこれを祀ったという。周の后稷(こうしよく)の母姜嫄(きようげん)にも,巨人の足あとを践(ふ)んで妊んだという感生帝説話がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone