コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白川 しらかわ

13件 の用語解説(白川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

白川
しらかわ

京都市左京区を流れる川。比叡山如意ヶ岳の間に源を発し,京都盆地に流れ出てからは南へ向って疎水に合流し,さらに南西へ向って鴨川に注ぐ。全長 9km。花崗岩地帯から白い砂を流してくるので白川と呼ばれた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

白川
しらかわ

熊本県中部,阿蘇山根子岳に発し,立野付近で阿蘇谷の黒川を合せ西流して熊本平野を貫流,有明海に注ぐ川。全長 74km。熊本平野灌漑用水として重要。 1953年6月に大洪水があり,熊本市はじめ流域に大災害をもたらした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

白川

阿蘇山から熊本市中心部を通り、有明海へと注ぐ延長約74キロの1級河川。中流部は川の勾配が急であるうえ、市街地の川幅は狭いことから洪水被害が発生しやすい。氾濫時には30万人以上が影響を受けるとされる。一方、良好な水質で知られ、源流の「白川水源」は環境省の名水百選にも選ばれている。

(2011-09-13 朝日新聞 朝刊 熊本全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しらかわ〔しらかは〕【白川/白河】

京都市北東部を流れる白川流域の地名。平安時代に藤原氏の別邸白河殿があった。
(白河)福島県南部の市。もと松平氏の城下町。南湖公園、南端には白河関跡がある。平成17年(2005)11月、表郷(おもてごう)村・東村・大信(たいしん)村と合併。人口6.5万(2010)。
(白川)熊本県中部を流れる川。阿蘇山に源を発し、熊本平野を西流して熊本市で島原湾に注ぐ。長さ74キロ。

しらかわ【白川】[姓氏]

姓氏の一。
[補説]「白川」姓の人物
白川英樹(しらかわひでき)
白川方明(しらかわまさあき)
白川義則(しらかわよしのり)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

しらかわ【白川】

京都市左京区を流れる鴨川東岸の支流。また白川流域一帯の古称。川は比叡山南側の大津市山中町付近から西へ下り,谷口で南へ向かい,吉田山の東側から岡崎を経て四条大橋北側で鴨川に合流する。途中,岡崎の南側では一部琵琶湖疎水と合流している。上流部一帯は花コウ岩地域であり,風化・浸食作用が著しく,同時に谷口から鴨川にかけては活発な堆積作用によって白川扇状地を形成した。花コウ岩質の砂の堆積で流れが白く見えるためにその名が生まれたといわれる。

しらかわ【白川】

熊本県の中北部を阿蘇山から東に流れる川。源を根子(ねこ)岳(1408m)と阿蘇の南外輪山のすそ合い付近に発し,南郷谷を西流して,途中湧水を集めて水量を増し,栃木(とちのき)付近で鮎返滝を掛けたのち峡谷に入り,戸下(とした)で阿蘇谷からの黒川と合流,外輪壁を破る立野(たての)火口瀬で深いV字谷を刻む。この付近の左岸には照葉樹林を主とした北向谷(きたむきだに)原始林(天)がある。これより熊本平野の洪積台地をほぼ一直線に割って西流,中・下流を蛇行しながら熊本市街を貫流し島原湾に入る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しらかわ【白川】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔熊本県〕白川(しらかわ)


白川(しらがわ)

〔熊本県〕白川(しらがわ)


熊本県中部を流れる川。阿蘇(あそ)山の根子(ねこ)岳(標高1433m)南麓(なんろく)に源を発し、阿蘇カルデラ西部で黒(くろ)川を合わせて南西流、熊本市で有明海(ありあけかい)に注ぐ。1級河川(白川水系)。延長74km。流域面積480km2。阿蘇火山の中央火口丘山麓には湧泉が多い。中流域には水力発電所が点在。河口部は低湿な三角州で、干拓地が広がる。「しらかわ」とも読む。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

白川の関連キーワード栃木[温泉]熊本県阿蘇市赤水熊本県阿蘇郡熊本県阿蘇市小里熊本県阿蘇郡南阿蘇村河陽熊本県阿蘇市黒川熊本県阿蘇郡南阿蘇村下野熊本県阿蘇郡産山村田尻熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松熊本県阿蘇市山田

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

白川の関連情報