コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高角 コウカク

デジタル大辞泉の解説

こう‐かく〔カウ‐〕【高角】

地平面とのなす角度の大きいこと。仰角(ぎょうく)が大きいこと。

たか‐づの【高角】

兜(かぶと)の鍬形(くわがた)の一。角の先端を開かずに高くとがらせたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうかく【高角】

仰角が大きいこと。

たかづの【高角】

かぶとの前立まえだての一種。鹿の角を高く立てたもの。 「 -の兜の緒を締め/平治

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

高角の関連キーワード奈良県吉野郡東吉野村平野反転テクトニクス阿賀野型軽巡洋艦ビスマルク級戦艦利根型重巡洋艦妙高型重巡洋艦高津(島根県)最上型重巡洋艦高雄型重巡洋艦タフロ地向斜巡潜型潜水艦呉空襲と警報伊勢型戦艦防空駆逐艦大和型戦艦恒星干渉計安芸構造線長門型戦艦金剛型戦艦横ずれ断層

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高角の関連情報