高速インターネット基盤

農林水産関係用語集の解説

高速インターネット基盤

大容量のデジタルデータ等を短時間にやりとりできる、数Mbps~数十Mbps(bpsは1秒間に通信することのできるビット数)程度の通信速度をもつインターネット網のこと。ADSL(一般の電話回線を利用した高速データ通信技術の一種)、ケーブルテレビ等を利用したインターネット網が代表的な例である。さらに光ファイバ等を利用した超高速インターネット基盤は数十Mbps~100Mbps程度の通信速度をもっており、映画等の大容量画像データも円滑に入手できる。

出典 農林水産省農林水産関係用語集について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android