コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

bps ビー ピー エス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

bps

1秒間に転送可能なデータの量。通信回線の速度を表すときなどに使われる単位で、「kbps」であれば毎秒1000ビット、「Mbps」であれば、毎秒100万ビットを表す。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

bps

1秒間に送受信できるデータが何ビットかを表す単位です。ビット・パー・セコンド(ビット毎秒)の略です。
ネットワークの通信速度や、周辺機器とパソコン間のデータ転送速度などを表すのに使われます。また動画や音楽のデータを圧縮する度合い(圧縮率)を表現するのにも使います。これは、動画や音楽の場合は、圧縮率を示すのに「1秒分のデータ量」を示すのがわかりやすいためです。
⇨バイト、ビット、ビットレート
ブロードバンド

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビー‐ピー‐エス【BPS】[book value per share]

book value per share》1株当たり純資産。経営の総合力が優秀であるほどこの倍率が高くなる。基本的な経営指標の一。→ピー‐ビー‐アール(PBR)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

IT用語がわかる辞典の解説

ビーピーエス【bps】

データ転送の速度を表す単位。1秒あたり何ビット転送されるかを示す。インターネットや携帯電話の通信速度、パソコンと周辺機器間のデータ転送速度、映像や音声データを圧縮する際のビットレートなどを表すのに使われる。キロ(記号はk)・メガ(記号はM)・ギガ(記号はG)・テラ(記号はT)など、10の累乗倍を表す接頭辞を付け、「kbps」「Mbps」「Gbps」「Tbps」のように記述する。◇「bits per second」の頭文字から。「ビット毎秒」ともいう。

出典 講談社IT用語がわかる辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

BPS

〖book value per share〗
一株当たり株主資本。株主資本を期末発行済株式数で除したもの。一株当たり純資産。

bps

〖bits per second〗
ビット毎秒。情報送受信速度の単位。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

BPS
びーぴーえす

1株当り純資産。book-value per shareの略で、企業の安定性を推し量る指標の一つである。「純資産÷発行済み株式数」で算出する。BPSが大きいほど企業の安定性は高いと判断される。純資産が多く発行済み株式数が少ない場合、BPSは大きくなる。たとえば純資産が50億円の企業が100万株の株式を発行している場合、BPSは5000円となり、この会社が解散すれば、理論上、株主には1株につき5000円が還元されることになる。そのためBPSを「1株当り解散価値」とよぶこともある。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

bpsの関連キーワードBPS(Book value per share)ビット・パー・セカンドセクタースループットフォールバック機能bandwidthビットパーセコンド一株当たり純資産10BASE‐TbaudレートシグフォックスV.22bis同期通信方式スループットV.FAST転送レートmuseaモデム規格ギガbpsテラbpsキロbps

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

bpsの関連情報