コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高齢化率 こうれいかりつ

知恵蔵の解説

高齢化率

高齢化率は65歳以上人口が総人口に占める割合。日本で高齢化現象が始まったのは、高齢化率が4.7%で最低値を記録した1935年。以来、連続的に高齢化率は上昇し、2005年には21.0%となった。今後も増加を続け、25年には30%程度まで上昇すると予想される。また、65歳以上の高齢者の中で、75歳以上の後期高齢者の割合が2020年頃に世界一になると予想され、介護ニーズが世界一となる。現在までに既に高齢化率が10%に到達した国々の中で、日本の高齢化のスピードが世界一になりそうだ。84年に10%、05年に20%を突破し、21年間で倍増した。世界で2番目にスピードが速いのがイタリアで、66年から06年の40年間。スウェーデン、英国などの西欧先進国はほぼ70年間かけて上昇しており、日本の猛スピードぶりが際立っている。

(小川直宏 日本大学教授 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

高齢化率

総人口に占める65歳以上の割合。

(2008-10-15 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうれいか‐りつ〔カウレイクワ‐〕【高齢化率】

総人口、または、ある地域の人口に、65歳以上の高齢者人口が占める割合。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オヤカク

企業が採用内定者である学生に対して、「親が入社を承諾しているか」を確認する行為、または、内定学生の親に直接、入社承諾の確認をする行為のこと。「親に確認する」の略語。親が反対しているという理由で内定を辞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高齢化率の関連情報