コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

髪剃り コウゾリ

デジタル大辞泉の解説

こう‐ぞり〔かう‐〕【×剃り】

《「かみそり」の音変化》
剃刀(かみそり)。
「―脇にはさみて持(も)たり」〈落窪・二〉
仏門に入る式で、戒師が、出家する人に戒をさずけて髪をそり落とすこと。また、髪をそって仏門に入ること。
「わざとならず、言ひ消たせ給へるは、げに―も捨てつべき様なり」〈狭衣・三〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうぞり【髪剃り】

〔「かみそり」の転〕
髪をそる刃物。かみそり。
出家して僧となること。また、死者に戒をさずけ、髪をそること。剃髪ていはつ
真宗で、在家の信者の頭に形だけかみそりをあてる儀式をして仏門に帰依した証あかしとすること。帰敬式ききようしき。おかみそり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android