コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鬼簾 おにすだれ

2件 の用語解説(鬼簾の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

おにすだれ【鬼簾】

細い篠竹しのだけで編んだすだれ。忌中札を張るのに用いた。 「裏口へ嫁の願ひは-/柳多留 3

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食器・調理器具がわかる辞典の解説

おにすだれ【鬼簾】

巻きすの一種で、三角形に削った棒状の竹を連ねたもの。だて巻きなどを巻くときに用いて筋(すじ)をつける。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鬼簾の関連キーワード外心鱗形三斜底角母音三角形木刀筍面バブーシュカ鱧鮨伊達巻き