コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魂結び タマムスビ

2件 の用語解説(魂結びの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たま‐むすび【魂結び】

魂がからだから浮かれ出るのを結びとどめるまじない。また、「袋草紙」によると、人魂に出会ったときは、「魂は見つ主は誰とも知らねども結びとどめよ下がひのつま」という歌を三度唱え、男は左、女は右の褄(つま)を結び、3日後にこれを解く風習があったという。
「思ひあまり出でにし魂のあるならむ夜ふかく見えば―せよ」〈伊勢・一一〇〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

たまむすび【魂結び】

魂が肉体から離れるのを結び留めるまじない。衣服の紐ひもを結ぶことで留めようとする。 「思ひあまり出でにし魂のあるならむ夜ふかく見えば-せよ/伊勢 110

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone