コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

魏晋壁画墓群 ぎしんへきがぼぐん

1件 の用語解説(魏晋壁画墓群の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ぎしんへきがぼぐん【魏晋壁画墓群】

中国の甘粛(かんしゅく)省嘉峪関(かよくかん)市の東北20km、ゴビ灘にある古墓群。1970年代に13基の墓が発掘され、周囲10kmにわたる墳墓群の中には壁画が描かれている。敦煌(とんこう)(トゥンホワン)の莫高窟(ばっこうくつ)と同じ魏晋時代からのものとされるが、仏教色の濃い莫高窟と違って、魏晋壁画は現実の生活を反映させたものであり、牧畜や狩猟などを描いたものが600点余に及ぶ。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

魏晋壁画墓群の関連キーワード河西甘粛省嘉峪関甘粛隴山隴西甘粛地震嘉峪関塼室墓甘粛仰韶文化

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone