魘夢・厭夢(読み)えんむ

精選版 日本国語大辞典「魘夢・厭夢」の解説

えん‐む【魘夢・厭夢】

〘名〙 不吉な。恐ろしい夢。悪夢夢魔
※玩鴎先生詠物百首(1783)案山子「棄放果逢秋去日、無由魘夢訴吁嗟」 〔李白‐寄遠詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android